CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
pixiv
ことことの本棚
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS

snowy-radio.com

木村琴々の日記
<< どれを選んでも「当たってるー」って思っちゃう気がする | main | 「蛮幽鬼」(ネタバレ感想・設定編) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「蛮幽鬼」(ネタバレ感想・導入編)
蛮幽鬼(1)

劇団☆新感線2009秋興行「蛮幽鬼」(公式サイト/音が鳴ります)見てきました!
ありがたいことに、15日夜・19日夜(DVD収録あり)の2公演…! サンキュー・フォー・マイ・チケット運!

上記2公演、パンフレット、戯曲をふまえての完全ネタバレ感想です。
未見の方でもわかるようにと思って書きましたが、あらすじは公式サイトで読むの推奨ですよ!(丸投げ)
あと、書いてみたら過去最長のありえない長さになったので、4分割しました←
サジのキャラ萌えについて書いてない部分だけで4分割とか、わたしばかじゃないのかな←

今日は「導入編」です。
以下、設定編、キャラクタ編、ストーリー編と続きます。
さらにサジ編が付く予定です(おまっ…!)。

完全な俺得感想ですが、よろしければどうぞー^^

JUGEMテーマ:演劇・舞台


無実の罪で投獄された“伊達土門”(だてのどもん/上川隆也さん)の復讐譚です。
2004年、GONZOによってアニメ化もされた「巌窟王」(原作・アレクサンドル・ドュマ)がモチーフ。

土門は、暗殺者の“サジと名乗る男”(堺雅人さん)の助けを借り脱獄。途中、同じく投獄されていたハマン王朝の王女“ペナン”(高田聖子さん)を助けます。
そして、サジ、ペナンらと、右大臣“稀浮名”(きのうきな/山内圭哉さん)、学問頭(がくもんのかみ)“音津空麿”(おとつのからまろ/粟根まことさん)へ復讐していく……というのが主軸です。

さらに、土門の元婚約者で今は大王(おおきみ)の后になっている左大臣の娘“京兼美古都”(きょうがねみこと/稲森いずみさん)、美古都のガードマン“刀衣”(とうい/早乙女太一さん)たちを巻き込んで、国を揺るがす大騒動に発展していきます。

私は個人的に、エンタメ作品3要素は「設定(世界観とか)」「キャラクタ」「ストーリー」だと思っているのですが、「蛮幽鬼」は見事に3要素とも際立ち、またお互いに干渉しあっていて、物凄く見ごたえのある面白い舞台でした!
| 舞台 | 03:44 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 03:44 | - | - |